バイアグラはジョークグッズではない

大型薬局でもバイアグラ入手出来ない

日本国内で生活をしている限りは、大型の薬局に行って薬を探したとしてもバイアグラを見つけることは絶対に出来ません。
バイアグラの処方が認められているのは専門外来が存在するクリニックだけです。日本の保険制度はかなり特殊で、バイアグラなどのEDに関してはかなり他の先進国に比べても遅れています。一般市場に販売されている薬は一般の製薬会社が作っているのですが、こうした製薬会社が薬を作ることが出来るのはそれぞれの薬に関して会社に著作権が存在するからです。
会社の中で作った薬に著作権が与えられるのは当然ですが、実はバイアグラなどに関してはこの著作権が未だに切れていません。一般市場で販売されるためにはこうしたED治療薬の著作権が切れて社会に存在する会社が自由に薬を作ることが出来る環境にないといけないのです。
この環境が出来て初めて後発医薬品としてジェネリック医薬品が提供されます。日本ではこの手続きが非常に遅れているため、バイアグラなどのED治療薬を提供できるのは先発医薬品として提供できる病院だけになっています。大型の薬局とは言ってもあくまでも一つの店舗に過ぎないので、そうした大型の薬局が独断で薬を販売することは不可能です。
病院で薬を処方してもらうときの手続きは非常に簡単なので、一般市場で購入することが出来ないからと言って心配する必要はありません。
専門外来に行くのならばまず予約をして問診を受けに行くことが出来るようにしておきます。それから病院に行って必要なことを答えれば身体の状況に応じてバイアグラを処方してもらうことが可能です。この場合、保険の適用はありませんので保険証は持っていかなくても薬をもらうことはできます。