バイアグラはジョークグッズではない

バイアグラが長く愛されるわけ

現在はレビトラ、シアリスといったED治療薬も人気がありますが、世界初のED治療薬であるバイアグラも根強い人気です。
日本では最もなじみの深いED治療薬の一つであり、バイアグラ以外のED治療薬は知らないという方も多いです。
シアリスが登場した現在では、持続時間は物足りないと考える方もいるでしょうが、それでも4~5時間は効果が続いてくれます。
1回の性行為にかける時間としては、4時間以上あれば十分でしょう。
バイアグラはアスリート型であり、素早く力強く効いてくれるのが特徴です。
飲んで30分程度でペニスが大きくなりますが、これは勃起力が高まった証拠です。
勃起力によりペニスのサイズは大きく変わってくるのです。
昔より短小になったと感じている方の多くは、サイズが小さくなったのではなく、勃起力が低下しているだけというケースが多いです。
勃起力を高めるためには、精力剤はあまり役に立ちません。
即座に血行を促進してくれるED治療薬が必要なのです。
バイアグラは力強さを最重視したED治療薬であり、若いころのペニスが甦ります。
ペニスの内部に骨が存在すると錯覚するくらい硬い状況になってくれるのです。
バイアグラの欠点は、他のED治療薬よりも食事の影響を受けやすいことです。
なるべく空腹時に服用するようにして、食事と重なる場合は食前に服用して薬効を発現させましょう。
薬効が現れてしまえば、あとは食事をしても何の問題もありません。
注意したいのはバイアグラの持続時間はそれほど長くないので、食事に時間をかけすぎたり、食後に眠ったりしないことです。
眠っている間に薬効が切れてしまうことはよくあります。
性行為を予定している日は、日中に仮眠を取っておくといいかもしれません。

日本でのバイアグラ服用による死亡事故の内容

バイアグラは有名なED治療薬ではありますが、インターネットなどではよく「死亡事故がある危険な薬だ」と言われてもいます。
ではそもそもバイアグラで死亡事故があったのかというと、これは事実です。
日本でバイアグラ服用による死亡事故があったとされるのは日本国内でバイアグラが正式に発売される前年である1998年です。
1998年7月、60代の男性がバイアグラを服用して性行為に及んでしばらくした後に突如として倒れ、異常に気付いた家族が救急隊を要請したのですが救急隊到着時にはすでに心肺停止状態となっており、心肺蘇生を試みるも死亡が確認されました。
バイアグラが発売される直前であったということもあってニュースや週刊誌、新聞などで非常に話題になり、そこでは「危険な薬だから服用するべきではない」というような意見も広まるようになっていったのです。
しかしこの事故があったからバイアグラは危険だと断言するのは早計です。
と言うのもこの死亡事故で亡くなった男性はかねてより高血圧と糖尿病の治療を行っていた上、不整脈を有していたためにニトログリセリンを服用していたという事情があるのです。
薬は期待している効果の他にも副作用が存在しているものですが、バイアグラは血管拡張作用があるためにニトログリセリンと併用すると血圧が異常値まで低下してしまい、死亡してしまうリスクがあるとして現在併用禁忌に指定されています。
そのためこの事故は服用者が薬の正しい使用法を知らないまま、謝った服用をしてしまったことによって発生してしまったものなのです。
現在ではこうした併用禁忌に関しては病院で必ず確認された上で処方が決定されますから、適切な飲み方をすれば非常に安全性の高い薬だと言えます。

ED治療薬での心拍数上昇の度合

バイアグラなどのED治療薬を服用すると勃起不全解消の効果を見込むことが出来るのですが、しかし同時に薬である以上は副作用も生じることがあります。
副作用としてはさまざまなものが挙げられるものの、身体の火照りを感じるようになったり心拍数の上昇を感じたりといったようなケースはそれなりに報告されています。
ではバイアグラなどED治療薬で心拍数上昇が起きるのであればそれはどれくらいなのか、危険なのではないかというと、基本的に心拍数が増えるだけで突然危険が生じる可能性は低いとして考えて差し支えありません。
確かに運動をしていないのに心拍数が増えると心臓に負荷がかかっているのではと考えてしまいがちですし、それであれば危険なのではないかと感じることもあるでしょう。
ですがバイアグラなどED治療薬で生じる心拍数上昇は運動時の心拍数程度まで上昇する可能性はあるものの、即座に命の危険が生じるほど心拍数が上昇するということはほぼ無いことだからです。
体質による部分もあるため一概には言えませんが、高血圧などが原因となってEDに至った場合はバイアグラなどを服用することで衰えていた心拍数が本来あるべきレベルまで戻ったというケースが多いのです。
ただ少々注意をしなくてはならないのがもともと心臓疾患などを抱えているというような場合でしょう。
心臓疾患を抱えているからバイアグラを服用できないということはありませんが、狭心症などでニトログリセリンを服用する可能性があるのであればバイアグラは服用できません。
これはニトログリセリンとバイアグラを併用すると血圧の低下作用が強く出てしまい、危険水準まで血圧が低下してしまうリスクがあるからです。
実際こうした併用による死亡事故も日本国内で報告されていますから、基本的には心配ないものの心臓疾患を抱えているなどの事情がある場合は事前に医師に相談の上、服用するようにしてください。

■バレずに安心して通販するにはここ
バイアグラを通販で購入
■確認してから服用しよう
メガリスの正しい服用
■ED治療ができる病院を探してみよう
ED治療ができる愛知県の病院